テレフォンセックスだからと言っても自分だけ満足すればいいわけではない

2016-09-05

テレフォンセックスは、お互いが協力して行うものでもありますし、それぞれが相手のために尽くしてこそ、楽しいセックスを実現させることができるのです。
したがって、自分だけ満足すればいいわけではありませんし、自分さえ楽しめればそれでいいという考えは捨てるべきなのです。

それに、相手に楽しいと思ってくれないと、反応やリアクションも悪くなってしまいますから、結局自分も楽しめなくなってしまうのです。
ですから、自分が楽しむためにも相手を楽しませる気配りが大事になってくるのです。

■いきなり本番に入らない

時間や金銭面を考えると、1回のテレフォンセックスに費やせる時間も限られていると思います。
そうなれば、どうしても時間とお金を無駄にしたくないと思い、すぐに本番に入ろうとする人もいるのです。

ただ、リアルでのエッチと同じように、ムードが高まらない状態で本格的にセックスをしても、今ひとつ満足感を得られないでしょうし、中途半端な形で終わってしまうことが多いのです。
それに相手からしても、いきなり本番だと言われても戸惑うでしょうし、リアクションに困ってしまうのです。

ですから、たとえ短い時間であっても、必ず会話と前戯の時間を設けるようにして、徐々にムードを高めていくことを意識していくようにしましょう。

■終わってすぐに電話を切らない

テレフォンセックスが終わったら、電話代が勿体無いという理由で、すぐに電話を切ってしまう人も多いようです。
ただ、終わってからの余韻に浸るのも1つの魅力ですし、お互いに満足感や気持ち良さを伝え合うことも大事なことなのです。
それによって、また次のテレフォンセックスも気持ち良く行うことができますし、お互いスッキリして終えることが重要だと言えます。

■決して現実感を出さないようにする

あとは、あくまでもテレフォンセックスは想像の上で成り立つものですから、決して現実感を出さないようにしましょう。
ですから、場をしらけさせるような発言や、相手を疑うようなことを言ったりするのは禁物なのです。

テレフォンセックスだからと言っても自分だけ満足すればいいわけではない

テレフォンセックスは、お互いが協力して行うものでもありますし、それぞれが相手のために尽くしてこそ、楽しいセックスを実現させることができるのです。


Copyright© 2016年9月5日 実践できるエッチな行為が多いテレフォンセックスを極める為のサイト
http://www.meldemeiga.com All Rights Reserved.